CCSについて

1963年に設立されたコミュニティ・カレッジ・オブ・スポーカン(CCS)は、年間38,600名もの学生たちが在籍するダイナミックなコミュニティ・カレッジ地区で、ワシントン東部に12,300平方マイルにわたりその敷地が広がっています。

2つのキャンパス、スポーカン・コミュニティ・カレッジスポーカン・フォールズ・コミュニティ・カレッジでは質の高い、正式な認定を受けたアカデミック・クラスを提供しています。学生たちは、文系準学士号(AA: associate of arts)、または他大学へ学士号取得のために編入する前に、大学の最初の2年に相当する履修内容を修了することができます。

コミュニティ・カレッジ・オブ・スポーカンは、インスピレーションに富んだ講師たち、役立つスタッフ、そして学生たちが各自に合った進路を見つけるための、また成功を収めるための、数多くの情報資源が整っています。

CCSの留学生たちは、アメリカ国内でもトップクラスの大学に編入しています。その中には、ワシントン大学、ペンシルベニア州立大学、ラトガース大学、カリフォルニア大学バークレイ校、そしてニューヨーク大学などが含まれます。